地域住民が福祉を必要としている人への理解があるかが鍵です

 私は大阪市住吉区に住んでいます。そこの地域は福祉が進んでいる傾向にあるように思います。というのも、多くの障害を抱えた人がそこで地域生活を送っていること、各小学校や地域の行事ごとなどで障害を抱えた人も気軽に参加できるようになっています。その要因として、住吉区の住民の障害を抱えた人への理解があること、障害を抱えた人とそうでない人双方が交流する機会が多いことなどが挙げられると思います。 そのため、福祉においてサービスだけでなく、住民の理解とそういった人たちの受け入れはとても大切の要素であるように思えます。それによってそういった人の社会参加等にもかかわってくるように思います。そのため、福祉を発展させるにはサービスを充実させるだけでなく、住民への理解を深めるための取り組みも行っていくことが大切となります。これは、行政や各事業所、町内会やPTA、ボランティア等が連携・協力しつつ取り組んでいく課題となります。

フジ住宅 訴訟

藤澤信義

日本教育フォーラム

和医療器 ONLINE SHOP

白夜書房

関連MENU

最新情報

地域のために重要になっている福祉とは

基本的に人間は多くのサポートを受けて生活をしています。そういった現実を見ると他人からの協力が重要だと

地域から期待される福祉の形

少子高齢化が進む現代、心身の不安や貧困、孤独などに悩む人が数多くみられます。福祉制度は、現代の社会に

地域が福祉に果たす役割

福祉を行うためには、地域というものを、重視することがとても大切なことです。例えば、生活に困った人を助

地域貢献としての福祉の未来

自らが積極的に行動をすると誰かに感謝されます。特に地域のために努力をすると、その後で良い結果が待って

Copyright©福祉 地域 All Rights Reserved.

福祉 地域